読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(無題)

人力検索 懺悔の部屋

この件。

純粋に……

知りたい、ってのはある。
ゴルフやテニス、サッカーなど、試合には決着をつけるよ、というルールは、一対一の競技では普通な感じ。
対戦というよりは、タイム勝負な競技はどうなんだろうと。

自分で探したときには、OKWaveのが割りと先頭に来てたかな。
BA率が高い人のようだけど、まあ、話半分以下、というか、何でも知っているかのような書きっぷりだけど論拠は示さず(どこにでもいる)というスタイルは逆に信頼しづらい。
すぐ近くにあった教えてGoo の方は、お子様がパブリックな場で騒いでいるだけの質問だけど、見たことをそのまま書いている(少なくとも、質問は)ので、却って信頼度は高い。

今の人力検索に、応えてくれる人がどれだけいるのか

自分で調べたのは、「金メダル 同時に二人」でググって、先頭から20~30くらいは見たかな、という程度。
質問の文面では、思い込みとかではなく、調べた答えが欲しいのよ、と線引きをしたつもり。

今の人力検索だと、その緩い条件を超えてくる人は、ぱっと思いつくところで 3、4人くらいか。
「簡単に書ける範囲なら、答えますよ」というスタンス(かどうかは、定かではないが)の、ランキングで 1/1 な人たちは、喰いついてくれるだろうか。

「数は正義」というのは真実か

回答で提示される事例は、たいしてないだろうなという予感はある。
一ヶ月待った上で、その結果を提示して知恵袋に質問してみるつもり。

知恵袋は、cookpad と同じで、満足するものを見つけるにはノイズが多過ぎてコスパに合わない、という印象は変わらないけれど、果たしてそうなのか、という興味はずっとある。

cookpad は、料理を商売にしている人を取り込んだり、企業とタイアップしたりと色々とやっているようだけど、相変わらず有象無象を頼りにしている知恵袋ではどうなんだろうと。

# 他所で質問する気にならない回答がつく、というのがベストではある


さてさて、どうなることやら :-)